2012/03/12
アーケードマックス(アーケードMAX)をセイミツ化してみた。

おはようございます、こんにちは、こんばんは。私です。

お貸出ししてたのを返してもらって昨日までに計3日ぐらいかけてアーケードマックスさんを改造してみました。
これまでアーケードマックスさん(とJC-AS01BK。内部の配線が似てる)の詳細な改造レポートがなかったので書くことにしました。これでアクセスが増えるよ!やったね!

とまあさっそく見ていきましょう。裏側をあけたのがこちらになります。

こんな感じですね。スティックの中身を見たことある方はわかると思いますが、簡単ですねえ。

次に、ボタン基板の下のプラスチックをとってみました。

基板をひっくり返してみましょう。見事にゴム接点ですね。こりゃパコパコいうわけだ。

基板表はこんな感じ。親切に書いてありますね。


ボタンを外してみました。

さよならデイテルボタンさん・・・

そしてボタンがオリジナルのもので30φでないのでリーマーを使って穴を広げていきます。
このためにわざわざ買いました。1000円ぐらいでした。ない方はどうにかして穴を広げてください。

あと、このスティックの"ガワ"の厚さが厚いんで、ボタンが"カチッ"ってはまるように対照に削ります。



これを8回繰り返してボタン配置完了。いいですねえ。前後しますが、スティックもはずしてます。

外すのはこんな感じ。ぶっちゃけ線引っ張ってもすぐに抜けるぐらいなんで大丈夫ですが、念のため。

さよならデイテルスティックさん。ちなみに構造はファストン型レバーと同じ感じです。

こちらを参考にもともとあったスティックの土台を木端微塵にしていきます。


そしてセイミツスティック用の穴をあけます。


そしてネジ止してとりあえず見た目は出来上がり。

スティック用のハーネス作り。赤側はGNDなのですべてまとめてくっつけちゃいます。ほかのは向きを見ながら試行錯誤してください。

接続してみました。そしてボタンのGNDの線もこんな感じにくっつけていきます。めんどくさいんでスティックのGNDを拝借しています。

一番の難所。ボタン用の線をはんだづけしています。ひとつだけ熱しすぎてランドがなくなってしまったのでRT(R2)ボタンが利かなくなりました。こういうことないようにはんだづけはパパッっとやっちゃいましょう。

先ほどの線にもファストン端子を付けてボタンにつけて完成。完成図はこんな感じです。ちょっと汚いけどちゃんと動いたんでオッケーとしましょう。

以上です。いやあ、疲れたけどいい資料になったかな?感触に関しても申し分ないですね。あと遅延に関してはそんなに感じないです。今度検証しますけど、わりといい素材なんじゃないでしょうか。
・・・天板変えたいなあ。

Template Design: © 2007 Envy Inc.