2011/12/27
雑記 on 11/12/27

今年もあと少しとなりました。

  早速恥ずかしい話ですが、私今年ギャンブルにハマってしまってました。なんでこんな事を書くかというと、心に区切りをつけるためです。
  6月からで、今年一杯で多分10万円以上使ってしまってたと思います。留年してから、そのせいで同級生は就職や進学する中、私は何をしているんだろうと色々考えた次第です。そして財布の中には銀行から引き出した明細が残るだけ。  その現実から逃れるためにまたその繰り返し。
  結局のところ、自分の中で溜め込んでいると、いつまでも繰り返しになるという事が痛いほどわかりました。パチンコにハマる人の話はインターネット上にいっぱいありますが、まさに変わらず。

  ともかく、誰にも金銭面で迷惑掛けることなくてまだよかった。金は自分のしか使ってません。
  本当にお金を借りようか迷った日々もありました。でも振り切って2週間を1000円で過ごした時もありました。
  タバコ臭い服を持って帰っていつも苦悩の日々を過ごしました。大体察してる友人が約1名ぐらいいたと思います。ごめんなさい。

 多分Twitter通して見られる友人方々、ごめんなさい。これから頑張りますのでなんとか暖かい目で見てください。どうぞよろしくお願いします。



悲しい話題だけじゃあれなのでいい話も!


先日の12月16日のこと。応用情報技術者試験の成績発表日。例年通りIPAの発表は正午。午前の回答は確かめていたので、60点の足きりは達していたので、ホントに午後の点数が気になっていました。
午前が通っていないと午後の記述式問題は採点がされない)
私はPCの前に座って2chの応用情報スレを見ながら(正直午後の問題が難しくて記述の問題が解けた気がなかったので半分諦めながら)待っていました。
そして正午。

バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン
バン       バンバンバン゙ン バンバン
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバン゙ン
_/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
.......\/___/ ̄ 


ページが重すぎて開きません。
で、なんかGoogle Chromeさんだとえらい読み込みが遅いそうな。
で、IEで開き直す。
受験番号とパスワードをポチポチポチと。

↓ステータスバー
[||||||    ]ページを読み込んでいます...

パッ


平成23年度 秋期   応用情報技術者試験  成績照会



受験番号  AP***-**** の方は,   合格   です

午前得点
65.00点
午後得点
66.00点

午前分野別得点
分野
得点(得点率)
満点
ストラテジ系
13.75点( 52.3%)
26.25点
マネジメント系
8.75点( 70.0%)
12.50点
テクノロジ系
42.50点( 69.3%)
61.25点

午後問題選択分野
問題番号
分野
問2
プログラミング
問5
ネットワーク
問7
組込みシステム開発
問8
情報システム開発
問9
情報セキュリティ
問11
ITサービスマネジメント
問-
-----



↑こんな感じ


  体が固まりました。はっきり言って60点ギリギリでしたが、受かったからそれでいい!で、次はセキュリティスペシャリストかな。秋季はネットワークスペシャリスト。

2011/12/15
BSGPAC02BK(バッファ棒2) セイミツ化。


改造方法はこちらとかこちらに書いてあると思うので割愛。ボタンのファストンをちぎっちゃ投げちぎっちゃ投げ。あと写真一番右下のボタンのリングがレバーのベースと干渉してるので削ってます。
この時注意したいのが、レバー固定ねじのねじ山はプラスチックなので、回しすぎると壊れます。というか一か所壊しました。

ハーネスのメス部分については邪魔だったので吸い取り線ではんだを吸い取り後ポイ。そしてハーネスが刺さってた穴に線を入れて直接はんだ付けします。お互いに接触してないか心配でしたが問題もなく。
これでスティックを交換することがあればスティック側の基盤のハーネスを指し直すだけでオッケー。セイミツもサンワも基盤タイプのハーネスは互換性があります。

 出来上がった図。白で統一しましたが、きれいです。
RAP3も持っていますが、あっちに比べて小さく、軽いので持ち運びが便利ですね。

・・・私PS3持ってないので友人宅にコントローラなりソフトなり持ち込んでるんです。

2011/07/19
月がきれいでした。


先日の月(7/14撮影)をSX130ISなるデジカメでとり、Lightroom体験版で補正してみました。かなりボケボケなのは勘弁してください。
デジカメではRAW画像が吐けないのでションボリ感たっぷりですが、それはそれとして。
あとHDDのPCB交換はうまくいったので後日動画を作成しようと思います。

2011/06/14
Western Digital社ハードディスクの物理障害と復旧の方法について

Repairing Phisycal Error of Western Digital Hard Disk Drive

って書いたらそれっぽいですね。日本語での基盤交換についての記事があまりなかったので書いてみました。今回はWestern Digital社のハードディスクについて書きますが、他社製のハードディスクについては参考文献のほうから参照ください。

まず、ハードディスクに記載されている情報を整理してみましょう。

特に注目すべき情報は生産国の上に書いてある四角の部分です。

MDL: WD2500JD - 00HBC0
DATE: 30 MAY 2005
DCM: DSBACTJAH

MDL: Model、モデルの略で、ハードディスクのモデル - ファームウェアの順になっています。

DATEはその名の通り生産日ですね。英語表記の月が分からなくなるのはよくあることです。

DCMとはDrive Configuration Matrixの略で、ドライブに使われている部品それぞれ固有の識別子の行列です。(参考はこちらこちら



  1. Motor: モーター
  2. Base: 基盤、HDDの"ガワ"
  3. Latch: ラッチ、アームを動かすアクチュエータを"ブレ"させないための機構
  4. Bottom VCM: 下側のボイスコイルモータ(Voice Coil Motor)です。
  5. Media: これだけはわかりませんでした。名前から推測するにプラッタの何かではないでしょうか。。。
  6. Headstack: いわゆる"ヘッド"です。HDDの腕の部分ですね。
  7. Actuator-Preamp: アクチュエータのアンプです。ヘッドを操作したり磁気ヘッドから読み取った信号を増幅します。
  8. Top VCM:上側のボイスコイルモータです。
  9. Separator: プラッタを保護します。ダンパー(Dumper)とも言われます。

以上のようになっています。

で す が

基盤交換に関して言えば、このDCMは必ずしもマッチする必要はありません。DCMよりも、基盤に記載されているモデルナンバーのほうが重要との見方が強いようです。



では、基盤側の画像を見てみましょう。
少々わかりづらいので右上を拡大した写真も追加しました。
基盤交換の際は、この基盤側のナンバーの最初2組(写真の場合、2061-701267-200... の2061-701267)が一致している場合、基盤自体がかなり似ている、もしくは一致しているため、ハードディスクが復活する可能性が高いです。ただ、これが一致していたとしても復旧できなかったとの言葉もあるので、なるべく近いほうがいいです。
(ハードディスクの復旧業者さんは基盤のストックを大量に持っているそうで、これが完璧にあっているものに交換するだけで基盤故障は直るそうな・・・)


日本語の情報を見ていますと、「生産日が近い同モデル」という結論に達していますが、それはハズレではありません。しかし、生産日が近いといっても、モデルチェンジ後の1日とそれとの違いでは、やはり日付だけではわかりません。
てなことでこういったハードディスクに書かれている情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。


以上です。しかし、最近のハードディスクは基盤や固有の情報などになんらかの不整合があった場合にHDDへのアクセス(基盤のROMなど)をロックしてしまうようになっている可能性(Barracuda 7200.11の事件はあまりにも有名)があるので、必ずしもうまくいくとは限りません。泣かないように気をつけましょう。


余談ですが、海外では基盤だけでなくヘッドも変えたりするみたいですね。こちらの記事によると多少のチリやホコリは問題にはならないそうです。さらにこちらの記事に詳しい事が載っています。しかしながら大切なデータを保管しているプラッタをゴミだらけの部屋の中、生で見ようとは思わないですね。。。


参考文献:
http://forum.hddguru.com/western-digital-pcb-swap-rule-t8951-20.html
http://www.harddrive-repair.com/hard-drive-parts.html
http://www.harddrive-repair.com/class-100-clean-room.html
http://hddscan.com/doc/HDD_from_inside.html

2011/03/06
お久しぶりです。

100投稿目にして生存報告とは。最近Twitter上で事足りるようなことばかりですね。

そろそろ今年度も終わりです。何かやり残してることは、ありますね。まあ頑張りましょう。

Template Design: © 2007 Envy Inc.